最下点を基準としたダウンブロー


今回は、最下点を基準としたダウンブローについて、紹介したいと思います。

アイアンを打つために最適なボールポジションの基準になる最下点。
実際にボールを打つ時に、最下点を意識すると、
スイング軌道がダウンブローになりやすくなります。

バックスイングからトップにかけて、しっかりと肩を回転させて、
上半身を捻転していきます。トップからダウンスイングにかけては、
左足の親指の付け根を踏み込んできます。そして左肩を最下点に寄せていきます。

左肩を最下点に寄せる動きによって、
スイング軌道が自然にインサイドインになって、
正確にボールをヒットできるようになります。
自然と体重移動が行われるようになります。

逆にトップからダウンスイングにかけて、
左肩が上がってしまうと思っているよりもヘッドの落ちが早くなってしまい、
ダフリの原因になってしまうので、注意して下さい。

おすすめのスタンス幅ですが、腰の幅プラス左右に10センチ広げた広さがおすすめです。
この幅の範囲内に収めると、股関節の稼働域が制限される事がありません。

スタンス幅は、狭めにした方が体重移動をしやすくなります。
股関節の動きが制限されないので、上半身の捻転が使いやすくなります。

スタンス幅を広げてしまうと、股関節を動かしにくくなり、
上半身の捻転を十分に行うことができなくなります。

プロゴルファーであれば、股関節の稼働域が広いので、
捻転できますが、アマチュアの方々は、注意が必要です。