最近のアイアンの打ち方


今回は、最近のアイアンの打ち方について、紹介したいと思います。

アイアンのスイングと言えば、多くの方がダウンブローをイメージすると思います。
しかしダウンブローが強すぎると、最近のアイアンは思わぬ弊害をもたらすかもしれません。

ダウンブローが強すぎて、地面に打ち込みすぎてしまうと、
リーディングエッジが地面に突き刺さってしまい、ヘッドスピードが落ちてしまうのです。

ダウンブローで打つことよりもスイング軌道が重要になってきます。
最近のアイアンスイングは、スイング軌道が球筋を決めていきます。

一昔前のアイアンは、スイートスポットが高めに設定されていて、
ロングアイアンになると、かなりのダウンブローで打たないと、
高いボールを打つことができませんでした。

昔のアイアンは、ダウンブローが必須だったのです。
しかし最近のアイアンは、スイートスポットが下にある低重心設計です。

ボールも飛びやすい設計になってきました。
品質の向上によって、ダウンブローで打ちこむ必要はなくなり、
横から払うように打っても、高いボールが打てるようになっています。

最近のクラブは、トップしたのではないかというくらいの当たりでも、
ボールが当たってくれます。

払うように打つことによって、ダフリを防ぐことができますし、
広くなったソールが地面を滑るように進むので、
ダフリ気味になったとしても、その影響を最小限に防いでくれます。