最近のダウンブローの傾向


今回は、最近のダウンブローの傾向について、紹介したいと思います。

アイアンの構造上の変化に伴って、ダウンブローの解釈にも変化が出てきました。
ダウンブローの打ち方の基本は、ロフトがないクラブで打つ感じです。

ロフトが無いとは、ロフト角0度です。ゴルフクラブの中でロフト角が0度のクラブと言えば、
パターです。パターでボールを打つ時は、極端なダウンブローはしないはずです。

また極端なアッパーブローもしないはずです。
多くの方は、地面とは水平に横からボールを打っていくと思います。

実際にアイアンで打つ時には、完全なレベルスイングにはなりません。
パターに比べれば、アイアンのロフト角はかなりあります。

水平にスイングしたつもりでも、ボールの重量の影響で、
ヘッドは地面に入っていきます。そうすると、ロフト角があるアイアンほど、
たくさんターフを削り取ることになります。

最近のダウンブローの注意点としては、手首のコックを使いすぎてしまい、
クラブを縦方向に振っていこうとすると、ボールを真っ直ぐに押し出すことができません。

剣道で面を打っていくような縦方向にシャフトをしならせるのではなく、
シャフトを横方向にしならせる感覚が重要です。

横方向にしならせるためには、肩の動きが大切です。
両肩を回転させることによって、ボールを横から払うように打てるようになってきます。