最近のパターの打ち方


今回は、最近のパターの打ち方について、紹介したいと思います。

以前のパターの打ち方は、できるだけ芝の状態に左右されないように打つことが一般的でした。
しかし以前はグリーンがでこぼこだったので、この打ち方でよかったのですが、
最近は、グリーンがきれいなので、ボールに順回転を加えて最初から転がしてストロークしたほうが、
距離感と方向性を安定させることができます。

まっすぐ打ち出してまっすぐな回転をかけてあげることが重要です。
一般ゴルファーの場合、1秒につき、30回転くらいの横回転がかかってしまいます。
この値は、3メートルで、10センチくらい左右にばらけてしまう値です。

順回転で打つためには、ボールをセットする位置を調整してあげることが重要になってきます。
ヘッドの身体のセンターにセットします。そこに合わせてボールをセットします。

あとは、振り子運動の要領でパッティングします。スイング軌道の最下点でボールをヒットすることができるので、
ボールの真横を打つことができて、余計な横回転がかからずに済みます。

体重は、左サイドにかけていきます。左サイドに体重をかけることによって、
身体の軸が左右にぶれることなく、毎回同じポイントで、ボールをヒットすることができます。