最適なボールの位置


今回は、最適なボールの位置について、紹介したいと思います。

プロゴルファーのボールの位置を見てみると、
2つに大別する事ができます。

1つ目は、左足を基準にセットする方法です。
左足のかかとの延長線が基準になり、
そこからどのくらい内側にボールをセットするかは、個人差があります。

スタンス幅が小さくなると、ボールをセットする位置は、
右側になり、スタンス幅が大きくなるほど、
ボールをセットする位置は、左側になります。

2つ目は、身体のセンターが基準にする方法があります。
どのクラブでも、常にボールはセンターなので、非常にシンプルです。

ボールをセンターにセットする方法は、一見簡単なようですが、
ロングアイアンを打つことが難しいです。

多くのアマチュアのゴルファーの方々に最適なボールのセット位置は、
左腕とクラブを結んだラインが、地面に対して、
直角になる場所である最下点より内側です。

アイアンの理想的なスイング軌道は、ダウンブローです。
ボールをセットする位置を最下点より内側におけば、
ダフリのリスクを減らす事ができます。

最下点の見つけ方ですが、通常のアドレスと前傾角度をとっていただきます。
次に左手でクラブを握っていただき、左腕とクラブが一直線になり、
地面と垂直になる位置が、最下点となります。

最下点からボールを2個分内側に移動すると、PWのボール位置になり、
1個分内側であれば、5Iのボール位置になります。
それ以外のクラブは、その範囲内にセットします。

この範囲内に、ボールをセットすれば、ダフリを防止する事ができて、
ダウンブローで打ちやすくなります。