朝いちショットを成功させるポイント


今回は、朝いちショットを成功させるポイントについて、

紹介したいと思います。

 

前回で紹介した素振りやハーフスイングを何回か試したら、

実際にボールを打ってみましょう。

 

ボールをセットする位置は、普段より左寄りにセットします。

ボールを右側にセットしてしまうと、ヘッドをダウンブローで

ボールを当てにいってしまい、フォロースルーが窮屈になってしまいます。

 

ボールを左側にセットすることによって、

体重移動がスムーズになってきます。

 

ボールをセットしたら、4~5球打ってみます。

スイングは、ハーフスイングにします。

 

ハーフスイングでボールを打ったら、

通常の3~4倍のスロースイングで、打ってみます。

 

クリーンヒットしたり、ボールを飛ばそうとする必要はありません。

素振り感覚で、打ってみて下さい。

 

実際にボールを打ったら、いよいよスタートホールで、

本番のショットです。

 

身体が固くなってしまうと、せっかくの練習が台無しです。

息を吸ってしまうと、身体に力が入ってしまいます。

 

少しづつ息を吐きながら、バックスイングを開始します。

 

スタートホールでは、飛距離を欲張らないようにします。

普段の飛距離が250ヤードであれば、

スタートホールでは、220ヤード飛べば上出来だと考えます。

 

気楽に考えると、かえって飛距離が出るものです。