朝一番のティショットを成功させる方法


今回は、朝一番のティショットを成功させる方法について、

紹介したいと思います。

 

朝一番のティショットで失敗しないための

最大のポイントは、いつものスイングをすることです。

 

朝一番のショットを普段通りにやろうと思っても、

自分の身体が重い通りに動かないことが多いです。

 

マン振りをしてもミスをしてしまうかもしれないし、

打ち急いでしまうと、手打ちになってしまいます。

 

自分のスイングを思い出すために、バックスイングを

4等分します。

 

最初に手首の角度とバックスイングの方向を素振りで

確認していきます。

 

注意点としては、いつも通りのスイングを心がけます。

ナチュラルなスイングを心がけます。

 

確認が終わったら、通常のスイングの3倍から4倍の

時間をかけて、スイングしていきます。

 

スローモードのスイングを何回かしたら、

実際のスピードにスイングしてみて下さい。

 

ハーフスイングで素振りをする練習方法もあります。

トップのフォロースルー時の手首の位置が

肩の高さになるくらいに意識してみて下さい。

 

スイングの幅はハーフでも、身体の回転は、

フルスイングと同じにしてみて下さい。

 

身体の回転は同じで、手の動きはハーフにすることによって、

身体の回転で振る感覚を体感しやすくなります。

 

身体の回転と同時に体重移動もしっかりしてみて下さい。