枯れた芝からインパクトを迎える方法


今回は、枯れた芝からインパクトを迎える方法について、紹介したいと思います。

枯れた芝は、地面が露出しているうえに、服を着込んでいるので、
身体の捻転を使いにくくなります。

身体の捻転を使いにくくなっているときこそ、下半身をうまく使っていきます。
下半身を上手く使うことさえできれば、冬でも飛距離を安定させることができます。

インパクトでヘッドスピードを加速させるためには、
インパクトをゴールにしないことです。ゴールはフィニッシュであり、
インパクトをプロセスにすることです。

インパクトをプロセスにするためには、トップで体重を右足に乗せて、
ダウンスイングで体重を左足に乗せていくきっかけを作るために、
ヒールアップをしていきます。

ヒールアップすることによって、身体の捻転をうまく使うことができます。
下半身を丈夫に使えれば、捻転は自然と早くなり、
捻転スピードがアップしていきます。

踏み込むイメージは、野球のピッチングの要領で、
体重を踏み込んでいただくと良いです。

左足への踏込をする注意点は、上半身が飛球線方向に流れないことです。
上半身が飛球線方向に流れてしまうと、ヘッドスピードがかえって落ちてしまうので、注意して下さい。