様々なタイプのスライス修正法


今回は、様々なタイプのスライス修正法について、紹介したいと思います。

・カットスライス修正法
カットスライスの原因としては、ボールを当てようとする気持ちが強すぎて、
当てにいくことが考えられます。カットスライスが出てしまう方々の特徴として、
ヘッドを無理に動かそうとして、身体と腕が、バラバラに動いてしまうことが多いです。

そうすると、スイング軌道が不安定になってしまいます。

修正のポイントは、身体の前を右ひじが通過するように、スイングすることです。
この動きによって、スイング軌道がインサイドインになってきます。
カット軌道を防止でき、ヘッドスピードが上がってきます。

注意点は、身体の前を右ひじが通過する時に、身体につけすぎないことです。
つけすぎてしまうと、動きが窮屈になってしまい、
スムーズにスイングできなくなってしまいます。

右ひじは、適度に曲げて下さい。右ひじを伸ばしてしまうと、
スイング軌道がアウトサイドインになってしまい、スライスの原因になってしまいます。

・プッシュスライス修正法
プッシュスライスの原因として、左サイドが引けてしまったり、
飛球戦と反対方向にスウェーしてしまうことが考えられます。

両ひざの間にゴムボールを挟むイメージを持って下さい。
ダウンスイング開始と同時に、ゴムボールを潰していく感じを持って下さい。

そうすると、上半身のスウェーや伸び上がりを防いで、
左サイドがブロックされて、スイング軌道が安定してきます。