止まっているボールを正確にヒットする方法


今回は、止まっているボールを正確にヒットする方法について、紹介したいと思います。

止まっているボールを打つことは、案外難しいことです。
正確性を増すためには、バックスイングの始動をスムーズにすることが大切です。

最初に自分の重心がどこにあるかを確認して下さい。
重心位置を確認したら、重心に注意してアドレスして下さい。

飛距離を意識しすぎてしまうと、身体に力が入って、スイングアークが小さくなってしまいます。
身体の中で力が入りやすい部分は、肩です。

緊張感を感じたのであれば、左手の肘から先の部分に集中して下さい。
ボールを睨み付けてしまうのは、NGな動きです。

ボールを睨み付けてしまうと、肩が緊張してしまい、左肩が中に入ってしまいます。
そうすると、身体の捻転を使うことができずに、手で打ってしまうので、注意して下さい。

ターゲットを見るように、ボールをぼーっと見つめて下さい。
その場でジャンプするとと、身体の力みがとれやすくなります。

バックスイングする際は、一旦飛球線方向にクラブを動かして、
その反動でバックスイングを始めると、スムーズに動くことができます。

スイング前からリズムを取ることも良い方法です。
アドレスしたら、イチ、二とカウントしながら、ターゲットを見つけて下さい。

サン、シでボールを見つめます。ゴでバックスイングを開始します。
ロクでダウンスイングを開始します。