正しいインパクトでの腕の形を体感するドリル


今回は、正しいインパクトでの腕の形を体感するドリルについて、紹介したいと思います。

正しいインパクトとは、左足に体重がしっかり乗っていて、
若干ハンドファーストになっています。左股関節を中心に、
身体が回転しています。

本日の練習ドリルでは、クラブを2本使用していきます。
クラブを2本つなげていただきます。

クラブを2本

クラブを2本つなげたら、左側にクラブの一方を出してみて下さい。

ここから

ここから素振りで、左側の脇にシャフトが当たるようにスイングしてみて下さい。

一方を出してみて下さい。

これが、正しいインパクトの形になっていきます。
もしここで、クラブが左わきに当たらないでスイングしてしまうと、
スライスになってしまいます。

またここから、クラブのヘッドが左わきに当たってしまったとしたら、
手が前に出てしまうスイングになってしまいます。

シャフトが身体に当たるように、インパクトを作ってみて下さい。
この練習は、最初はボールを打たないで、素振りから始めてみて下さい。

素振りを何回もしてみて、正しいインパクトの形を体感してみて下さい。
インパクトの形を自然にできるようになったら、ドリルのような形を
思い出しながら、実際にボールを打ってみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼