正しいヒールアップの方法


今回は、正しいヒールアップの方法について、紹介したいと思います。

正しいヒールアップの方法をマスターすれば、確実にボールは飛ぶようになります。
しかし正しいヒールアップをしないと、ミスショットの原因になってしまいます。

上半身の回転につられて、左足のかかとが右上の方に上がっていく必要があります。
左足を右上に上げることによって、ダウンスイングで左足を地面に着いた時に、体重が完全に左足に乗るようになってきます。

体重が特に左足の内側にかかってくるので、いわゆる左サイドの壁ができます。
左才の壁によって、ボールが飛んでいきます。ヒールアップを上に上げてしまうと、当然かかとは、真上に上がっていきます。

そうすると、ダウンスイングで、つま先が外側に開いてきて、身体が開いてしまい、
スライスの原因になり、ボールをつかまえることができません。

ヒールアップは、上半身の回転につられて、右上に上げることが重要になります。
バックスイングの時は、身体の中心は、右サイドに移動していきます。
体重移動をスムーズにするために、手首は、飛球線とは反対方向に、遠くに上げていきます。

かかとをつける勢いを利用して、ダウンスイングを開始していき、
右足のかかとは、左上に移動していきます。