正しいピッチアンドランの打ち方


今回は、正しいピッチアンドランの打ち方について、

紹介したいと思います。

 

正しいピッチアンドランのポイントは、

左手を中心にスイングすることです。

 

アドレスでのポイントは、左腕とシャフトが

1つの線になるように構えます。

 

体重は、左足に乗せていきます。

スタンスは狭くして、スイング中も

ずっと左足体重にしていきます。

 

次にバックスイングです。

バックスイングは、手首を使いません。

 

手首を使わないメリットは、常にフェイス面の

同じ位置で、ボールをヒットすることができることです。

 

左手中心にバックすることによって、

力が入りすぎずに、スイングスピードを一定に

保つことができます。

 

スイングスピードが一定になることによって、

距離感に安定感が出てきます。

 

3つ目は、つねに右手首の角度を維持することです。

 

手首の角度を維持することによって、

力が入りすぎたり、力が抜けすぎたりしないで、

一定のスイングスピードを保つことができます。

 

スイングは一定のスピードを維持していただいたら、

距離の出し方です。

 

距離の調節は、スイングの幅で行います。

スイングの幅は変わっても、意識してスイングスピードを

変える必要はありません。

 

幅を変えれば、スイングスピードは勝手に変わってきます。