正しいフェース面でこすり球を脱出するドリル


今回は、正しいフェース面でこすり球を脱出するドリルについて、紹介したいと思います。

写真のような高さで、ティアップしていただきます。
アイアンを使用して、練習していきます。

ティアップ

このドリルでは、フェイス面が開いている状態で、
インパクトしてしまう訳です。

今回のレッスンでは、この高さのティアップで、
低いボールを打つ練習です。

この状態から、低いボールを打っていきます。
実際に低いボールが打てれば、腰からインパクトの段階で、
フェイス面はボールを向いて、インパクトを迎えることができます。

低いボール

ここでこすり球をしてしまうと言う人は、真正面を向いた
オープンフェイスになってしまいます。

では、この状態で低いボールを打ってみたいと思います。
通常通りに構えてみて下さい。

手首はハンドファーストです。バックスイングは、スリークオーターくらいで大丈夫です。
インパクトは低く長くとっていただいて、フィニッシュもスリークオーターくらいで大丈夫です。

低くボールを打ち出します。低くボールを打ち出すときは、
フェイス面をボールに向けていくイメージを持って下さい。

ボールを向いて

インパクトは、少しハンドファーストにしてみて下さい。
低いボールが打てるようになってくると、こすり球を脱出することができます。

▼動画レッスンはこちら▼