残り100ヤードでミスしない方法


今回は、残り100ヤードでミスしない方法について、紹介したいと思います。

簡単そうに見えますが、ショートアイアンは、左にひっかけやすいクラブなのです。
なぜ左にいきやすいかというと、ロフト角が多くて、
ボールをつかまえやすいクラブなうえに、シャフトが短くて、
ヘッドが重いので、身体がクラブに振られてしまうとことが原因です。

身体の動きが止まってしまい、結果的に手打ちになってしまうのです。
ショートアイアンの引っかけを防止するには、グリップにポイントがあります。
左手の小指がゆるゆるになってしまうグリップだと、
ヘッドの動きが大きくなりすぎてしまいます。左手とグリップの間に空間ができないようにして下さい。

手打ちを防止するためのスイングのポイントは、
両腕の脇を締めることです。両腕の内側を緊張させて、
グリップエンドがベルトのバックルを向けるようにします。
そうすると、腕と身体の動きが一体になって、ボディターンをしやすくなります。

ボディターンをマスターするために、グリップエンドをへそにつけてスイングすると、
ボディターンの感覚を覚えることができます。

ショートアイアンは、引っかけが多いクラブですが、ひっかけを警戒しすぎてしまうと、
今度は右へプッシュアウトしてしまい、弱々しい球筋になってしまいます。

力強い球筋のボールを打つためには、コンパクトなスイングを心がけることが大切です。
コンパクトなスイングの基本は、アドレスの幅を小さくすることです。

グリップは、いつもよりも短めに持ちます。
グリップエンドから5センチくらい余らすようにして下さい。
バックスイングを開始すると同時に、手首を早めに使っていきます。
手首を使わないノーコックだと、スイングの幅がいつもと同じになってしまうので、注意して下さい。

スイングをコンパクトにしようとすると、下半身が固まってしまい、
上半身だけの動きになってしまい、手打ちになってしまう方がいます。

そのような場合は、右ひざを左ひざにくっつけるようにしてあげます。
フォロースルーからフィニッシュにかけては、右足のかかとが浮いて、
つま先立ちになるようにします。そうすると下半身が動くようになってきます。

他には、ボールの15センチ先に小目標を決めておいて、
小目標の上をヘッドが通過するようにするのも良い方法です。