残り100ヤードの打ち方


今回は、残り100ヤードの打ち方について、紹介したいと思います。

残り100ヤードで使うクラブと言えば、ショートアイアン系が多いと思います。

ショートアイアンは、ボールが高く上がるクラブです。
高く上がるクラブだと、どうしてもボールを高く上げようとしてしまいます。

それがダフリやトップの原因になると思います。
他には、フルスイングで出た距離が自分の距離だと思ってしまう傾向があります。

ショートアイアンでの自分の距離は、8割スイングでの距離だと思いましょう。
ショートアイアンになるほど、身体の捻転ではなく、手首で振ってしまう傾向があるので、
注意して下さい。

まずは、バックスイングです。手首の位置は、常に胸の正面にあるようにします。
手首が空の方向に高く上がってしまうと、右の脇が開いてしまうので、注意が必要です。
そうするとショットのミスが出やすくなってしまいます。

ダインスイングでは、高いボールを上げようとせず、低いボールで攻めていくつもりで打って下さい。
フェイス面を若干クローズドにすると、距離や方向が一定になってきます。
スイング軌道は、ダウンブローを心がけて下さい。

フォロースルーでは、フェイス面をかぶさないようにして下さい。
かぶしてしまうと、ヘッドスピードが上がってしまい、
距離感が狂うので、注意して下さい。