残り100ヤードを確実に乗せるためのスイング


今回は、残り100ヤードを確実に乗せるためのスイングについて、紹介したいと思います。

残り100ヤードの距離であれば、確実にグリーンに乗せておきたいところです。
しかし気持ちよく打てて100ヤードぴったりのクラブがないとなると、スイングをコントロールする必要があります。
スイングのコントロールは、簡単なことではありません。

インパクトで緩んだり力んだりするミスを修正していく必要があります。
理想的なショットは、フルスイングで120ヤードくらいの飛距離が出るクラブで、
若干軽く振って、緩みを出さずに100ヤード飛ばすことです。

緩みを防ぐためには、30%バックスイングのち素振りです。スイングをコントローするときの表現では、
弱く振るという言い方が多いと思いますが、弱くと言うよりは、小さくしっかり振ることが重要です。

バックスイングを大きくとってしまうと、ダウンスイングで緩みが出やすくなります。
バックスイングを通常の30.%くらいに考えていただくと、ダウンスイングで緩みを最小限に抑えることができます。

インパクトからフォロースルーにかけては、クラブを握りすぎないようにして下さい。
ゆるゆるの状態をキープできていれば、パンチショットにならずに、距離感が安定してきます。