残り120ヤードフェアウェイバンカーから グリーンに乗せる方法上級編


今回は、スコア80前後の方々が、残り120ヤードフェアウェイバンカーから
グリーンに乗せる方法について、紹介したいと思います。

ボールがフェアウェイバンカーにつかまってしまった時、
バンカーのセンターあたりであれば、まだ良いですが、
端の方にボールが行ってしまい、片足が芝の部分にかかってしまい、
満足なスタンスを組めないことがあります。

このような時での、グリーンまでボールを運ぶ方法をマスターしておきたいです。
スタンスが満足にとれなかったり、ボールが目玉になってしまった場合は、
ボールをどの位置にセットするかがポイントになってきます。

スイングは、コンパクトを徹底させます。
そのために、アドレスでインパクトの状態をセットしてしまい、
ボールを打つ時は、インパクトの状態を再現するようにします。
右ひざを通常の位置ではなく、最初から左ひざに寄せておくようにして下さい。

今回のテーマは、バンカーからただ出すだけではなく、
グリーンに乗せることが目的なので、ある程度の危険が伴います。

最初のケースは、つま先下がりになっていて両足がバンカーの外に出てしまっている場合です。
ポイントは、両ひざの高さを維持したままスイングすることです。
手首の返しを使って、上半身だけでスイングします。

左足がバンカーの外に出ていて、打ち上げのような状態になっている場合は、
ダウンブローで打ちこんでしまうと、ボールを出すことはできるかもしれませんが、
グリーンまで届くほど、ボールを飛ばすことはできません。

打ち上げの状態になっているので、身体が右側に傾きすぎないように注意して下さい。
斜面の角度に沿って、下から上に振り上げて下さい。

ボールがある位置から考えて、アゴが近いと思いますので、
アゴにクラブが直撃して、怪我をしないようにして下さい。

右足がバンカーの外に出てしまっている場合は、
バックスイングをする方向にアゴがあると思いますので、アゴに当たらないようにします。
スタンスをオープンにして、インサイドアウトのスイング軌道になります。カット打ちでスイングして下さい。

ボールの弾道は低くなりますので、グリーン周りのバンカーや池に注意して下さい。
ボールが目玉になっている場合は、クリーンヒットさせる必要が出てきます。

スイングは、コンパクトにして、ヒット率を高めます。スタンスは狭くして、
あまりボディターンを使わずに、上半身だけを使って、少しトップしてもいい感じで、振り抜きます。