残り50ヤードショットのインパクト


今回は、残り50ヤードショットのインパクトについて、紹介したいと思います。

まずは、前傾角度です。前傾角度が変わってしまうと、インパクトの
タイミングがずれてしまいます。胸をボールに向けるようにして下さい。

ショートアイアンは、身体の捻転をしなくても、
手首だけで振ることができてしまいます。

手首だけで振れてしまうので、ミスショットの原因になってしまいます。
ショートアイアンでも、身体の捻転を使っていきます。

身体の捻転にも順番があります。上半身から動いてしまうのは、
NGです。頭が飛球線方向にスウェーしやすく、スイング軌道が
アップライトになってしまいます。

50ヤードは、距離的には短いですが、短い距離だからこそ、
下半身から始動するようにして下さい。

ダウンスイングでは、右サイドの脇を締めるようにして下さい。
右わきが空いてしまうと、スイング軌道が安定せず、
手打ちになりやすいので、注意して下さい。

ダウンスイングでは、左足に体重移動してから、
クラブを動かしていく意識を持って下さい。
この時のグリッププレッシャーが強くならないように注意して下さい。

力が入りすぎてしまうと、上半身から始動しやすいので、注意して下さい。
フォロースルーでは、胸をターゲット方向に向けていって下さい。

ボールを打つと言うよりは、運ぶ感覚が身について、
50ヤードの距離感が、身についてきます。