残り50ヤードショットのバックスイングとフォロー


今回は、残り50ヤードショットのバックスイングとフォローについて、
紹介したいと思います。

50ヤードショットで重要なのは、トップからフォロースルーにかけて、
ヘッドスピードを上げ続けることです。

シャフトが長いクラブだと、遠心力を感じやすく、
ヘッドスピードを上げやすいです。

しかしショートアイアンだと、遠心力を感じにくいので、
やや難しくなってきます。

ヘッドスピードを徐々に上げていくためには、
バックスイングのふり幅の1.5倍のフォロースルーを
とってあげることです。

フォロースルーのふり幅を事前に決めておくと良いので、
フォロースルーの素振りを何回かやってみて、
ボールを打つ時は、フォロースルーのふり幅をスイングすることだけに
集中して下さい。

注意点としては、ボールに当てる意識を持たないことです。
フォロースルーを大きめにとることに集中して、
身体を回転させていくことが大切です。

50ヤードショットでは、手首の角度を変えないことが大切です。
アドレスでの手首の変えないようにして、下半身主動で
右足に荷重していきます。

トップからダウンにかけても下半身主動で、
腕をリラックスさせます。

フォロースルーでは、腕をリラックスさせて、
身体の回転でスイングして、フォロースルーを
バックスイングの1.5倍とります。

フォロースルーの時に、左肩が背中側に動いていくと、
スウェーを防ぐことができます。