残り50ヤードショット


今回は、残り50ヤードショットについて、紹介したいと思います。

多くの方々にとって、距離の基準は、100ヤードだと思います。
ならその半分の50ヤードは、100ヤードの振り幅の半分であれば良いかというと、
そういうわけではないようです。

100ヤードであれば、フルショットで対応できますが、
50ヤードをフルショットというわけにはいきません。

50ヤードを寄せるためには、スイングスピードと
スイング幅をコントロールする必要が出てきます。

多くの方々は、50ヤードの調整を手首の動きで、解決しようとします。
手首を使ってしまうと、インパクトのタイミングがずれて、
ダフリやトップが出やすくなってしまいます。

インパクトのタイミングがずれる原因は、スイングを迷ってしまうことです。
スイングの迷いを消す方法はスイング幅に、1つ基準を設けてあげることです。

基準作りの第一歩は、左腕を地面と平行になるまで、
バックスイングした時に、飛距離がどのくらい出るかを確認しましょう。

左腕が地面と平行な位置を基準にすると、スイング幅を一定にしやすく、
手首を止めやすいメリットがあります。

飛距離の基準が分かったら、手首を腰の高さくらいまで
バックスイングしてみてください。その位置からだと、
基準となる飛距離からマイナス10ヤードの飛距離になります。

逆に手首の位置が耳の高さになるまで、バックスイングしてみて下さい。
その位置からだと、基準となる飛距離にからプラス10ヤードになります。