深いラフからの脱出方法


今回は、深いラフからの脱出方法について、

紹介したいと思います。

 

深いラフの代表的な特徴は、

芝の抵抗をまともに受けてしまって、

ボールの飛距離が落ちることにあります。

 

さらにボールとフェイス面の間に芝が入って、

しまい、スピン量が減ってしまうことです。

 

スピン量が減るということは、ボールが地面に落ちてから、

ボールが転がりやすいということです。

 

いつものショットの1.5倍くらいのスイング幅でスイングすると、

ちょうど良くなります。

 

スイングでのポイントは、インパクトでグリップが

緩まないことです。

 

スイングを大きくしてしまうと、飛びすぎを気にしてしまい、

インパクトでグリップが緩みやすくなります。

 

バンカーショットのイメージで、

芝こと刈り取っていくイメージを持って下さい。

 

ダウンスイングの注意点は、

手首のコックをしっかりとキープすることです。

 

手首を右ひざ近辺にぶつけるつもりで、

スイングしてみて下さい。

 

インパクト近辺では、上半身がおきないようにします。

さらにひざも伸びないように気をつけます。

 

低い位置から芝ごとボールを払うようなイメージで、

低くスイングしていきます。

 

ボールを上からダウンブローで打ち込もうとすると、

振り抜けなくなるので、注意して下さい。