深いラフから高いボールを打つ方法


今回は、深いラフから高いボールを打つ方法について、

紹介したいと思います。

 

グリーンエッジからカップが近くにある時や

下りのラインになっているときは、

高いボールを打って、ランを少なくする必要があります。

 

高いボールを打つための最大のポイントは、

インパクトでヘッドスピードを上げることです。

 

フェイス面を十分にオープンにして、

ヘッドスピードを上げていきます。

 

ヘッドスピードを上げるためには、手首の動きが

重要になってきます。

インパクトで、手首の前にヘッドが出ていくようにします。

 

ヘッドが前に出ていくためには、

ダウンスイングでの右手の動きが重要になってきます。

 

手首の角度をぎりぎりまで維持しながら、

右手の平を地面に向けながら、ダウンスイングをしていきます。

 

インパクトでは、右手と左手を入れ替えるように振り抜いていきます。

インパクトでは、上半身の前傾角度がずれないように注意して下さい。

 

インパクトで身体が起きてしまうと、

手首の角度を維持することができずに、

 

右手と左手の位置が入れ替わらなくなってしまいます。

グリップを強く握りすぎても、ヘッドが走らないので、

注意して下さい。

 

ヘッドは、ボールの少し手前に落としてください。

ボールの手前に落としたら、芝ごと刈り取るように

振り抜いて下さい。