状況に応じたピッチアンドラン


今回は、状況に応じたピッチアンドランについて、

紹介したいと思います。

 

グリーン周りのピッチアンドランと言っても、

ライの状況は、様々です。

 

どんなライでも対応するためには、

スイングを変えるのではなく、クラブを変えるのがおススメです。

 

おススメは、7番、PW、AW、SWを使い分ける方法です。

スイング自体は同じでも、ロフト角を変えることによって、

球筋を変えることができます。

 

フェアウェイからピンを狙っていく場合は、

7番アイアンで、ラン中心のアプローチをしていきます。

 

グリーン周りからピンまで短い場合は、

ランの勢いを少なくするために、

PWを使っていきます。

 

できるだけ高いボールを打ちたいときは、

SWを使っていきます。

 

ラフがきつかったり、左足下がり、左足上がりでは、

スイングに少し工夫を加えます。

 

ラフがきつい時は、いつもよりハンドファーストの

度合いを強くします。

少し手首を使って、上からダウンブローで

打ち込んでいく感じで打ちます。

 

左足下がりでは、傾斜に沿って、

フォロースルーを低くしていきます。

 

左足上がりでは、フォロースルーを高く上げていき、

傾斜に沿って、スイングしていきます。

 

4つのクラブを使い分ければ、

ピッチアンドランで、どんな状況でも対応できます、。