球筋を安定させ、曲がり幅を抑える練習ドリル


今回は、球筋を安定させ、曲がり幅を抑える練習ドリルについて、紹介したいと思います。
インパクトゾーンを低く長く出すドリルについて、説明します。
このドリルによって、球筋の曲がり幅が少なくなり、ストレートボールを打つことができるでしょう。

この練習ドリルは、プロの方や私もよく実践しているドリルです。

最初に2本のクラブを目標方向に向かって、2本並べていきます。
2本のクラブの間にボールをセットしていきます。

1

2

最初は難しいかもしれないので、並べた2本のクラブの間隔を離してください。
2本のクラブの間隔を徐々に狭くしていって下さい。

最終的には、ヘッド2個くらいの間隔まで狭くすることを目標にして下さい。
それでは、通常通りにアドレスしていただいて、2本のクラブに当たらないように
まっすぐなスイング軌道で、打ってみて下さい。

3

クラブとクラブの間を通っていくときは、フェイス面がクラブに対して、
垂直になるようにスイングして下さい。

ダウンスイングでフェイス面が開いてしまうと、スライスになってしまいます。
フェイス面が垂直になっていれば、ストレートボールになります。

フォロースルーでも、フェイス面が左を向いてしまえば、左に行き、
右を向いていれば、右に行ってしまいます。

クラブの間を通っている時は、フェイス面がスクエアになるようにして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼