理想的なコックの作り方


今回は、理想的なコックの作り方について、

紹介したいと思います。

 

コックの角度が90度になると、

スイング軌道がインサイドアウトになってきて、

ドローボールが打てるようになってきます。

 

コックの角度を維持できていれば、

ボールを正確にヒットすることができるようになります。

 

ダフってもいいので、トップの位置から

身体を沈み込ませてみて下さい。

 

身体を沈み込ませると、ボールと身体の空間が

小さくなってきて、コックの解放が早すぎると、

ダフってしまいます。

 

誰でもダフるのは嫌だと思いますので、

ぎりぎりまでコックの角度を維持しようとします。

 

ぎりぎりまでコックの角度を維持していると、

両肩の開きを抑えることができます。

 

そうするとスイング軌道がインサイドアウトになってきて、

ドローボールが打てるようになってきます。

 

タイガーウッズ選手は、ぎりぎりまでコックを維持できる

名手と言えます。

トップからインパクトにかけては、

かなり頭の位置が下がってきています。

 

しかし前傾角度は維持されつつも、

背中を少し丸めることによって、

ボールと身体の間に空間を作り出しています。

 

その状態から、ぎりぎりまで維持されたコックを

一気に解放することによって、強力なインパクトを作り出しています。