理想的なトップの作り方


今回は、理想的なトップの作り方について、

紹介したいと思います。

 

トップの作り方一つで、ボールが飛びをすれば、

飛距離がガクンと落ちてしまうものです。

 

最初にひざの間に、ボールを挟んでみて下さい。

左ひざを少し内側に絞ってみて下さい。

 

その状態から、ボールを右サイドに

動かしてみて下さい。

 

上半身の背骨に対して、動きが垂直になるように、

腰の両肩を回転させていきます。

 

その状態に両腕をつけると、

きれいなトップの形になります。

 

ダウンスイングでは、今度は右ひざを

少し内側に絞り込んでいきます。

 

ボールを左サイドに動かしていきます。

上半身の背骨の角度を維持しながら、

垂直に腰と両肩を回転させていきます。

 

この時、注意する点があります。

左足を地面につけたままだと、

問題が出てきます。

 

多くの方々は、左足を地面につけたままだと、

捻転が大きくなって、下半身がどっしりと

してくると思っているようです。

 

両足による体重移動が止まってしまい、

手打ちのリスクが出てきてしまいます。

 

身体が柔らかい方なら、足をつけたままでも

構いませんが、身体が固い方にはおすすめできません。

 

バックスイングでは、左足のかかとを上げていく

必要があります。

かかとを上げるときは、若干内側に上げて下さい。

捻転が大きくなります。