理想的なフィニッシュ


今回は、理想的なフィニッシュについて、

紹介したいと思います。

 

インパクト後のフィニッシュは、あまり重要ではない。

なんて考えてらっしゃる方はいませんか。

 

フィニッシュそのものは、いいボールを打つことに

あまり関係ありませんが、理想的なフィニッシュを

とれるスイングをすることが重要です。

 

スイング軌道の中心となる場所は、上半身の背骨です。

背骨が前後左右に動くことなく、ストレートラインを

形成していることが重要です。

 

背骨を中心に身体を回転させることができたら、

フィニッシュは、理想的な形になります。

 

背骨を中心に回転するためには、右肩の動きです。

きれいに回転していると、右肩から地面までの距離は一定であり、

右肩が大きく下がることはありません。

 

しかし身体の軸がずれてしまうと、

右肩が下がりやすくなってしまい、

フィニッシュがきれいにとれなくなってしまいます。

 

右肩が落ちてしまう原因の一つとして考えられるのが、

フェイス面をまっすぐに動かしてしまうことです。

 

ゴルフのスイング軌道でのフェイス面の動きは、

開いてスクエアになり、閉じていくようになっています。

 

縦振りというよりは、やや横振りをイメージしてみて下さい。

アドレスでは、両肩のラインが、地面と平行になるようにして下さい。