癖をなくす練習法


今回は、癖をなくす練習法について、紹介したいと思います。

1.雑誌素振り
通常通りのアドレスをとったら、雑誌を両手で挟んで、素振りをします。
正しいスイング軌道をとっていれば、トップで右手の平の上に、雑誌が乗っているはずです。

インパクトからフォローにかけては、左手の平に雑誌が乗ってきます。
フィニッシュでは、左手の甲が上を向き、再び右手の平に、雑誌が乗ります。

このスイング軌道だと、手首の力が抜けて、ダフリや引っかけを防ぐことができます。

2.両肩回転
クラブを肩に担いで、両手でクラブを握ります。
その状態から、上体を捻転していきます。

上半身は、前傾角度をとっているので、トップでは、左肩が若干下がります。
ダウンスイングからフォロースルーにかけては、両肩を地面と水平に回します。

フォロースルーで右肩が下がってしまうギッタンバッコンの方は、
インパクトの時に、スイングを止めて、両肩の位置を確認しましょう。

3.ボール素振り
バックスイングからトップにかけて、両ひざが伸びてしまう癖をお持ちの方は、
ボール素振りがおススメです。

右足の前方でボールを踏みつけながら、素振りをします。
そうすると、バックスイングからトップにかけて、
膝の角度を維持することができ、右サイドに膝が流れず、
右側に壁を感じることができて、膝や上半身の伸びあがりを防ぐことができます。