真冬のアイアンショットとアプローチ攻略法


今回は、真冬のアイアンショットとアプローチ攻略法について、紹介したいと思います。

高麗芝は冬になると地表部分は枯れてしまいます。枯れた芝からショットするときは、
ちょっとミスショットしただけで、ダフリやトップになってしまいます。

しかし枯れた芝からナイスショットができたら、夏場でのナイスショットの確率は、
ぐーんと上がります。

枯れた芝からミスショットが出る原因は、当てにいってしまうことにあります。
ダフリたくないとか正確にボールをヒットすることをあまり意識しないで下さい。

ボールに当てようとして、小手先を使ってしまうと、
インパクトからフォロースルーにかけて、ヘッドスピードが落ちてしまいます。
スイング軌道も狂ってしまいます。

インパクトからフォロースルーにかけては、左足に体重を乗せていって、
ハンドファーストをキープします。手首よりもヘッドが先に出ないようにしていきます。

高いボールを打とうとすると、ボールの手前を打ってしまい、
ダフってしまいます。

小手先で打ってしまうと、身体の捻転を使うことができず、
ボールにエネルギーが伝わりません。

アドレスのときと同じ手首の角度をキープしながら、
インパクトをキープすることが重要です。

枯れた芝になると、ボールを上げようとしてしまい、
ヘッドが下側から上がってしまいます。

地面が凍ってしまっても、ダウンブローで上から下に打ち込む必要があります。
低く長いスイング軌道をキープして下さい。