真冬のアプローチ


今回は、真冬のアプローチについて、紹介したいと思います。
真冬の芝の特徴は、芝が薄かったり、地面が凸凹していたり、硬く締まっている所です。

真冬の芝でのアプローチのミスの多くは、左方向に行ってしまう、短すぎ、飛び過ぎです。

左方向に行ってしまうミスの原因は、本来なら地面に入りすぎない役目を果たすバンスが、
地面に跳ね返されてしまい、フェースがクローズドになってしまうことにあります。
芝が生えている時期であれば、バンスが滑るので、このようなミスが起こりにくくなります。

短すぎの原因は、左方向へボールが行ってしまうことを恐れるあまり、
インパクトが緩んでしまうことにあります。
多くのゴルファーは、オープンスタンスでアプローチを打つので、
さらに左に飛んでしまうこともあります。

飛び過ぎの原因は、地面に跳ね返されないように、
ボールだけをクリーンヒットしようとして、
ハンドファーストで強く上から当たりすぎてしまうことにあります。

上から強く叩こうとすると、フェースのロフト角がきつくなってしまい、
ボールが低弾道で飛び出してしまうのです。

またこの時期は、グリーンが凍っていることが多く、
落とし場所は、手前になってきます。
落とし場所を確認するために、何回も目標を確認しているうちに、
距離感に狂いが生じてしまうことも原因となってきます。