真冬のカットスイングを矯正する方法


今回は、真冬のカットスイングを矯正する方法について、紹介したいと思います。

真冬のプレーで犯しやすいミスが、低温のために身体が十分に捻転しないで、手打ちになってしまうことです。

手だけで上げてしまうと、スイング軌道がカットスイングになってしまい、
スライスが出てしまいます。

ここで携帯型音楽プレーヤーを使用します。
音楽プレーヤーに差し込んだイヤホンコードを使用します。

プレーヤーを左ポケットに入れて、左ポケットからコードを出します。
耳につけたら、コードにひっかからないようにスイングします。

手首をコードにひっかからないように低く長く移動します。
下半身主導で、インサイドアウトに振りぬいていくことができます。

ゴルフには良いテンポが必要です。スマホにメトロノームアプリを
ダウンロードしていただいて、80~110BPMにセットします。

その音を聞きながら、スイングします。
音に合わせてスイングすることによって、良いテンポを
身につけることができます。

カイロを背中に貼る方法もあります。
背中にカイロを貼っていただいたら、バックスイングの時に、
カイロをターゲット方向に向ける意識を持っていきます。

カットスイングの原因は、身体の捻転が浅いことにあります。
カイロを貼ることによって、捻転を一定にしていきます。