砂を3センチ削るバンカーショット


今回は、砂を3センチ削るバンカーショットについて、紹介したいと思います。

砂を適度に削っていくためには、フェイス面の角度を時計の1時方向にオープンにすることが重要になってきます。

フェイス面をオープンにすることによって、ヘッドが砂に当たった時に、
ヘッドの底にあるバンスという部分が、砂に最初に当たるので、
ヘッドが砂に入り込みすぎずに、3センチ砂を削ってくれます。

フェイス面をスクエアにしたまま砂にあたってしまうと、リーディングエッジから砂に入ってしまい、
砂を多く取りすぎてしまい、ダフりの原因になってしまいますので、注意して下さい。

アドレスするときは、手首を通常よりも地面に近い位置で構えます。
最初に腰を落とします。腰を落としたら、ひざを深く曲げます。椅子に座るようなイメージを持って下さい。

重心を下方に移動することによって、ボールの下にヘッドが潜り込みやすくなります。
前傾角度を曲げすぎて、手首を下方に移動してしまうと、インパクトゾーンがばらついてしまうので、注意して下さい。

ボールをセットする位置は、左足のかかとの延長線上よりボール一個分センターに置きます。
手首の位置は、ボールの上にセットします。ハンドファーストにしてしまうと、砂を取りすぎてしまうので、注意して下さい。

シャフトは短めに握ってください。