簡単なバンカーショットの打ち方


今回は、簡単なバンカーショットの打ち方について、

紹介したいと思います。

 

サードショットで重要になってくるのが、

バンカーショットです。

 

バンカーショットをマスターできれば、

パーセーブの確率がグーンと上がります。

 

スタンスですが、通常のショットの同じである

ストレートスタンスで大丈夫です。

 

手首は、左足の太ももの内側にセットします。

クラブヘッドは、スタンスのセンターにセットします。

 

ボールは、そのすぐ左にセットします。

リーディングエッジとシャフトは、まっすぐにセットします。

 

バンカーショットのアドレスと言えば、

オープンスタンスですが、実はオープンスタンスが

曲者なのです。

 

オープンスタンスだと、オープンの角度を一定にすることが

難しく、安定したスイング軌道を再現することが難しくなってしまいます。

 

スイング方法は、通常のショットと同じにしていきます。

ダウンスイングでは、上から打ち下ろす必要はありません。

 

フォロースルーは、ターゲット方向に向かって、

スイングしていって下さい。

 

アドレスの向きとスイングの方向が一致すると、

ヘッドもナチュラルに抜けていきます。

 

適度に砂が爆発して、距離も高さも簡単に

出るようになってきます。

 

チップインも十分に狙うことができます。