簡単なロブショットの打ち方


今回は、簡単なロブショットの打ち方について、

紹介したいと思います。

 

状況としては、多くはありませんが、

まれに高いボールで打ちたいバンカーが

前方にある場合があります。

 

このような場面では、高いボールを上げる必要が

ありますが、簡単なロブショットでボールを上げることが可能です。

 

打ち方は、ロングパットの要領で打っていきます。

ロングパットの打ち方は、手首を使いません。

 

手首を使わずに、さらに両肩と手首の三角形を

崩さないようにスイングしていきます。

 

もちろん頭を動かしてはいけません。

若干フェイス面をオープンにして、

打っていきます。

 

バンカー越えのロブショットは、プレッシャーが

かかるものですが、パターの同じ要領だと

考えることによって、気が楽になります。

 

打つ前にいくつかチェックポイントを確認して下さい。

ラフにある場合は、ヘッドがラフの影響を

受けてしまいます。

 

素振りを何回かしていただいて、

抵抗とスイング幅を確認して下さい。

 

スイング中は、身体が起き上がったり、

沈み込まないようにして下さい。

 

身体や腕が不必要な動きをしてしまうと、

インパクトの瞬間にヘッドの動きが

ずれてしまいます。

 

上から打ち込まないようにして下さい。

ヘッドが入る角度は、パターと同じです。