絶対曲げたくない場面で、ドライバーを曲げない方法


今回は、絶対曲げたくない場面で、ドライバーを曲げない方法について、紹介したいと思います。

ドライバーで打っていきたいのは山々だけど、左右にハザードがあって、
曲げたらいけない場面では、みなさんはどうしていますか。

ドライバーを使ってかつ曲げないためには、クラブを短く握るのがオススメです。
グリップエンドから指4本くらい短く握って、スイングしてみてください。

スイング自体はいつもと同じにします。振り幅を変えたり、スイングスピードを変えるより、
はるかに安定感が増します。曲げたくなくてかつ低いボールでランで距離を伸ばしたい場合は、
ティを低めに刺します。

さらに打つ前にターゲットを確認する際に、高い場所を見ないようにしてください。

目線を低めに設定することが重要です。いつも通りのスイングをしていただければ、
問題ありませんが、手打ちにならないようにすることが大切です。

バックスイングでは、左肩を十分に捻転させて、顎の下まで左肩を入れてください。
ダウンスイングでは、左腰の股関節の上で回転していく意識を持ってください。

クラブが短い分スイングしやすくなるので、バックスイングが早くなりがちです。
いつもよりスローテンポで上げると、ダウンスイングのタイミングが早くなるのを防ぐことができます。