練習グリーンでのパッティング練習法


今回は、練習グリーンでのパッティング練習法を紹介したいと思います。

ラウンド前のパッティング練習は、コースに出てからのパッティングの出来を
大きく左右します。

なんとなくパッティングするのではなく、距離感や方向性をしっかり確認しながら
練習することが重要になってきます。

練習グリーンのどこで練習するかですが、アマチュアゴルファーの方々がラウンドする時、
カップが傾斜面にあることはほとんどなく、平らな場所に切ってあることがほとんどです。

平らな場所を選んで、ストレートラインから練習することが大切です。
ストレートラインで練習したら、フックライン、スライスラインを練習していきましょう。

パッティングの基本は、まっすぐ引いてまっすぐ出すことです。
そのためには、両足、両膝、腰、肩のラインをボールのラインに対して、平行に構えます。

ボールを打つ強さですが、カップを50センチくらいオーバーするくらいの
距離感がおススメです。

強すぎてもいけませんが、ボールが届かないことには
カップインは絶対にしません。毎回ショートだと気持ちも弱くなってしまいます。
50センチオーバーを目標に練習して下さい。

練習する距離ですが、できるだけまっすぐなラインで10メートルから練習します。
次に5メートルのストレート、そのまま上りや下り、フック、スライスラインを練習していきます。

次に2~3mの距離を練習します。多くのアマチュアゴルファーの方々は、このくらいの
距離が一番残りやすいので、しっかりと練習して下さい。

最後に自分が練習したい距離やラインを練習していきます。