練習グリーンではボールは1つ


今回は、練習グリーンではボールは1つというテーマで、紹介したいと思います。
みなさんがラウンド前に必ず立ち寄る練習グリーンは、多くのゴルファーが練習します。

多くの方が芝に足を踏み入れるため、常に芝が踏まれている状態です。
そのため、芝の生育は悪くなり、芝が倒れている状態になって、
実際のグリーンよりもボールの転がりが早くなります。

練習グリーンが、複数あれば良いですが、グリーンが1つしかないとなると、
芝にかかる足の圧は、相当なものになり、ボールの転がりは、かなり変わってきます。

練習グリーンで、5フィート転がれば、実際のグリーンでは、4フィートしか転がらないと
考えた方が良さそうです。

練習グリーンでのパットを練習のつもりで、複数のボールを使ってしまうと、
距離感は、なかなか合いません。

練習グリーンでも、実際と同じように、ボール1つで練習することをおススメします。
プレショットルーティンも同じにして、ルーティンの練習もして下さい。

同じ場所から、何球も打つのは、NGです。
本番さながらに、毎回違う場所から打ちましょう。

ショートパット、ミドルパット、ロングパットの練習を均等に行いましょう。
ショートパットだと、カップの周りは踏まれて凸凹なので、距離感が合いません。