練習場でできるトラブルショット練習法


今回は、練習場でできるトラブルショット練習法について、紹介したいと思います。

ハンディが多めのゴルファーの方々になるほど、トラブルに見舞われる確率は高くなります。
大ピンチに遭遇しても、トラブルショットの方法をマスターしておけば、
スコアを崩す可能性をかなり減らすことができます。

トラブルショットの練習ばかりする必要はありませんが、
練習場での練習の合間に少しづつ練習しておくと、役に立つはずです。

トラブルに見舞われたら、最初に考えるべき対処法は、レイアップすることです。
しかしそれも難しいような場面では、いわゆる曲芸打ちの必要に迫られます。

曲芸打ちはいきなりやっても成功しないので、普段から練習しておくと良いです。
トラブルショットに使えなくても、ダフリやトップ防止の練習になります。

1.練習場から、芝のマットを外してください。下に敷いてある黒いゴムマットの上に
ボールをセットします。その状態からボールを打ってみて下さい。
ショットの正確性を高めるだけでなく、芝の薄いライから打つ練習にもなります。

2.ボールがカラーとラフの境目に止まってしまい、バックスイングがとりにくい状況で、
ウッドを使います。ウッドのグリップエンドをへそにくっつけて下さい。ヘッドのヒールを
浮かした状態にしていただいて、パターを打つようにスイングします。
この時に、ヘッドアップしないようにして下さい。

3.木の根っこ付近にボールを止まってしまった時は、
背面打ちが効果的です。背面打ちは、飛距離が出ないので、
フェアウェイに出すことを最優先します。

ポイントは、オーバースイングしないことです。
手首を主に使ってスイングします。
ヘッドの先でインパクトを迎えるようにします。