練習場での練習の注意点②


今回も、練習場での練習の注意点について、紹介したいと思います。

練習場のボールでドライバーを打つと、飛距離が落ちるだけでなく、曲がりやすくもなります。
インパクトの瞬間にボールをフェイス面に当たっている時間が長くなるために、フックが出やすい方は、
余計に横回転がかかり、曲がりが大きくなります。

スライサーの方は、ボールがフェイス面を滑ってしまうために、余計スライスしてしまいます。
この傾向を利用するならば、正確にボールを捉えているかが、はっきり分かると言えます。

練習場では、飛距離にこだわらずに、ジャストミートしているかを確認すると良いです。
練習場の一番奥のネットに掲げてある距離表示板は、弾道の頂点で当たった場合の飛距離を表している場合が多いです。

弾道の頂点より手前の段階でボールが当たった場合は、もっと飛んでいる可能性があり、
ボールの落ち際で当たった場合は、飛んでいないことになります。

アプローチの場合に限っては、練習場のボールとラウンド用ボールでは、ほとんど変わりありません。
練習場でのアプローチ練習の成果は、ラウンドでもそのまま使えると考えてよいでしょう。
ただし水に浮くフローとボールに限っては、飛距離が落ちるので、注意が必要になります。