練習場での練習の注意点


今回は、練習場での練習の注意点について、紹介したいと思います。

練習場のボールは、ラウンドで使うボールに比べて、飛距離が落ちるように設計されています。
その理由は、飛距離が出すぎてしまって、ネットに過剰な衝撃がかかるのを防ぐためと言われています。

練習場のボールとラウンド用ボールでは、7番アイアンで、約20ヤード違うと言われています。
練習場の約半分は、ボールが飛ばない分をプラスした距離表示板を掲げています。
練習場では、距離表示板が、本当の距離はプラスした距離化を把握しておく必要があります。

練習場で、ゴムティにティアップして打つのとマットから直接打つのでは、飛距離が約6ヤード変わります。
ティアップした時のスイング軌道は、アッパーブローになるので、弾道が高くなり、キャリーが伸びるからです。

逆にマットの上から打つと、ダウンブローになってしまうため、キャリーが落ちてしまいます。
ドライバーだと、最大で30ヤード近く飛距離が落ちてしまいます。飛距離が変わる理由は、ボールの硬さにあります。

練習場のボールは柔らかすぎて、インパクトの瞬間にボールがつぶれてしまい、スピンがかからずに、
弾道が低くなってしまい、飛距離を稼ぐことができません。
割り切って打つことが重要です。