練習場で出来るスイング修正法


今回は、練習場で出来るスイング修正法について、紹介したいと思います。

1.左肩上げ下げショット
ダフリ防止に有効な練習法です。通常通りのアドレスから、
バックスイング、トップの形を作ります。

この時に、左肩を思い切り下げます。
ダウンスイングで、インパクトの位置まで来たら、
クラブを止めます。この時、下げていた左肩を
元の位置に戻します。

左肩の上げ下げを意識して下さい。

2.両足交差スイング
通常のアドレスをしたら、左足を右足の前に持っていきます。
両足を交差させた状態で、スイングします。

インパクトから、フォロースルーにかけて、
身体が左側に流れるのを、交差させた左足がブロックして、
壁を感じることができて、ヘッドスピードが上がります。

左サイドの壁を感じたい方にお勧めです。

3.ヘッドカバースイング
スライスやフックが出やすい方にお勧めの練習法です。
右わきにヘッドカバーを挟んで、スイングします。

トップで自然と右わきが締まるので、スイング軌道が
インサイドインになるだけでなく、身体と腕の動きに一体感が生まれ、
ボディターンがしやすくなります。

4.左かかと上げ下げスイング
下半身の動きを覚えるための練習法です。
バックスイングからトップにかけて、左足のかかとを上げていきます。
トップからダウンスイングにかけて、左足のかかとを下していきます。

インパクトでは、左足のかかとで地面を踏みつけるようにすると、
下半身主導のスイングを覚えることができます。

5.右足踏み出しドリル
通常通りにアドレスして、スイングします。
但しインパクトからフォロースルーにかけて、左足を飛球線方向に
1歩踏み出します。

この動作によって、身体の左側でスイングする感覚を体感できます。

6.両足揃えステップスイング
通常通りにアドレスしたら、左足を右足にくっつけます。
その状態から、トップ、ダウンスイングを開始します。

ダウンスイングを開始と同時に、左足を元の位置に戻しながら、
インパクト、フォローするまで、振り抜きます。
体重移動の感覚を理解することができます。