練習場で行えるロブショットの練習方法


今回は、練習場で行えるロブショットの練習方法について、紹介したいと思います。

ロブショットでは、クラブが入っていくスペースが必要になります。
例えばベアグラウンドなどでは、地面をはじいてしまい、
ロブショットは使いにくくなってしまいます。

練習する際には、ティアップして練習して下さい。
ティアップしていただいたら、フェイス面を少し開きます。

1

ここでボールをクリーンに打つのではなくて、
ロブショットは、低く手前の芝からヘッドを入れていきます。
直接ボールにヒットしてしまうと、トップの危険性が出て、
ボールは高く上がってくれないので、注意して下さい。

ティを打つようなイメージでスイングをしてみて下さい。

2teli

実際にティアップしてあるボールをセットして頂いたら、
ティの頭の部分を打っていきたいと思います。

ボールのポジションは、左足の前にセットします。
スタンスは広めにして、オープンスタンスに構えます。

3

手首は、ハンドダウンにしていただいて、ボールの距離をとってください。
この状態から、ティの頭を打っていきます。

このようにすることで、高いボールが上がっていきます。
練習場で打つ時は、天井に当たらないように気をつけて打って下さい。

▼動画レッスンはこちら▼