練習場に合わせた練習法


今回は、練習場に合わせた練習法について、紹介したいと思います。

練習場での練習を見ていると、球数は多いのですが、
やみくもに打っているケースが目立ちます。

ゴルフが上達するためには、量も大切ですが、質も大切です。
ここでいう質とは、ドライバーショットに球数が偏っていないかとか
実際のコースをイメージして打っているか等です。

質を重視した練習をしないと、練習のための練習になってしまいます。
ここでは、コースでスコアを出すための練習を、練習場の広さごとに紹介します。

1.100ヤード以下の小さい練習場編
距離が短い練習場では、ちょっとでも長いクラブを持ってしまうと、
すぐにボールがネットに当たってしまいます。

しかしそれが好都合なのです。フォームを修正したり、固めたい場合
球筋が最後まで分かってしまうと、そっちが気になって、フォームの修正どころではありません。

ボールの落下地点や球筋が分かりにくい分、フォームの修正に集中できるわけです。

他にも小さい練習場には、利点があります。
ボール代が安いことです。安い分、普段はあまりしないアプローチの練習が
思う存分にできます。

アプローチに広い練習場は必要ありません。
またゴルフでスコアメークのカギを握るのは、アプローチです。

アマチュアとプロの決定的な違いは、ショートゲームの精度です。
アプローチの練習を増やして、50ヤードまでの距離を5から10ヤードごとに
打ち分けることができたら、確実にスコアメークにつながります。

大きな練習場だと、どうしてもドライバーを握りたくなると思いますが、
小さな練習場であれば、アプローチに対するモチベーションが上がりやすいと思います。

小さな練習場では、ショートゲームの練習に重点を置いて下さい。

2.150ヤード前後の中程度の練習場編
中程度の練習場の利点は、ターゲットを意識しやすいことにあります。
中程度の広さだと、ドライバーで打った時、アマチュアゴルファーでも、
勢いを保ったままネットに当たります。

当たった時にネットのどの位置に当たったかをチェックします。
中程度の広さであれば、ネットのマス目や柱をはっきりと確認できるので、
方向性や高さのチェックを正確に確認することができます。

中程度の広さであれば、ほとんどの練習で、上にもネットが張ってあります。
このネットも利用することができます。

ショートアイアンで、ボールを打つと上のネットに当たるはずです。
どこに当たったかによって、ボールの高さを確認できます。

自分にボールが当たったネットの位置が自分に近いほど、
ボールが高く上がっていると判断できます。

他には、7番からウェッジのクラブで、全て100ヤード地点に落とす練習で、
距離感を磨いたり、二階席がある練習場では、ドライバーでネットに当たらないような
引く球筋のボールを練習して、強風対策の準備もできます。

中程度の広さの練習場は、オールマイティな練習に適した環境と言えるかもしれません。

3.200ヤード以上の大規模な練習場編
大きくて広い練習場の利点は、全てのクラブで、落ち際を確認できるところです。
曲がるのかどうか曲がったとしたら、どのくらい曲がったのか曲がり幅まで確認することができます。

大規模な練習場では、横にも広く打席も多いので、空いている時は、いろいろな打席で打ってみると良いです。
ゴルフは空振りでもしない限り、常に違うシチュエーションでボールを打ちます。

打席を変えて打つことで、実際のラウンドに近いので、質の高い練習が可能になります。

4.何階で打つかによって、効果が変わる
都心だと3階まである練習場を見かけます。何階で打つかによって、効果が変わってくるので、
階ごとの練習法を紹介します。

・2階
2階は、ボールの落下地点をはっきりと確認できます。
距離感を磨くには、都合の良い高さとなります。

・3階
3階の高さになると、目線は当然低くなります。
目線が低くなると、インサイドインのスイング軌道が矯正されやすくなるので、
フックにお悩みの方には、おススメです。

5.マットに頼らない
マットの向いている方向やマットに引いてあるライン方向にばかり打たないことです。
ゴルフで大切なアドレスを飛球線に合わせる習慣がつきません。

マットのラインやマットの向いている方向とは別の方向に打つ練習をして、
正しいアドレスをとる練習をしましょう。