肩の回転スピードを一定にすること


今回は、肩の回転スピードを一定にすることについて、紹介したいと思います。

80%スイングができれば、確かに飛距離は伸びます。
しかし分かっていてもなかなかできないのが、人間というものです。

80%スイングを完成させるためには、上体をリラックスさせる方法をマスターする必要があります。
100%スイングの原因は、身体に力が入ってしまうことにあります。

身体全体の力を抜くことは難しいので、下半身に敢えて力を入れていきます。
こうすることによって、上半身の力を抜いていきます。スイングの土台は下半身です。

同時に肩を回転させる速さは、一定です。飛距離を出したいために、肩を早く回しても、
上体が突っ込んでしまい、ヘッドスピードは上がりません。

クラブを肩で担いで、両肩を左右に回す練習をして下さい。
この時、回転スピードを一定にするようにして下さい。

他の練習方法としては、ドライバーを短めに握って下さい。腰の回転の注意してスイングしてみて下さい。
腕や下半身は、腰の回転に合わせて勝手に動いてくる感じです。

上半身が自然にリラックスしてくるはずです。他の練習方法では、通常の位置からバックスイングを上げるのではなく、
フォロースルーの状態からスイングを始めます。下半身でリズムを取ることができて、
下半身に良い緊張感が出てきて、結果的に上半身の力を抜くことができます。