肩甲骨の位置を体感する練習法


今回は、肩甲骨の位置を体感する練習法について、紹介したいと思います。

プロゴルファーは、肩甲骨を上手に使いながら、スイングしています。
しかしアマチュアゴルファーの方々が肩甲骨を意識することは、なかなか難しいかもしれません。

今回紹介させていただく練習法によって、肩甲骨の動きを体感できれば、
ボールをセットする位置が安定してきて、さらにスイング軌道も一定になってきます。

最初に7番アイアンを用意して下さい。これより短いクラブを使ってしまうと、
ボールが上がりすぎてしまい、天井にボールがぶつかってしまうかもしれないので、
7番アイアンがおすすめです。

通常のアドレスで構えていただいたら、
クラブを地面に強くつけないようにして下さい。

感覚としては、地面に触れているくらいがちょうど良いです。
肩の力を抜いていただいて、クラブを持っているというよりは、
吊り上げている感覚を持って下さい。

クラブの握り方ですが、両手の人差し指と親指以外の指で、
クラブを握ると、吊り上げている感覚を持つことができます。

ボールは、ティアップして下さい。ティの高さは、一番高くしていただいて、
左肩甲骨の真正面にボールをセットして下さい。
この状態からボールを打つと、肩甲骨の動きを体感することができます。

肩、ひじ、手首の位置関係は、7角形を作ってみて下さい。
つまり肩甲骨、肩、ひじ、手首を結んで、7角形です。

ひじを突っ張らないようにして下さい。ひじを突っ張った三角形だと、
腕が力んでしまい、肩甲骨の動きを体感することができないので、注意して下さい。