腕の高さを変えて、距離を打ち分ける方法


今回は、腕の高さを変えて、距離を打ち分ける方法について、

紹介したいと思います。

 

50、60、70ヤードを打ち分ける方法を例に

説明したいと思います。

 

70ヤード飛ばしたいときの手首は、

頭の上まで上がります。

スタンスの幅も広めにとります。

 

60ヤード飛ばしたいときの手首は、

右耳の横まで上がります。

スタンスは、70ヤードの時よりも

若干狭めます。

 

50ヤード飛ばしたいときの手順は、

さらにスタンスを狭くします。

左腕が地面と平行になるくらいまで、

上げていきます。

 

スタンスを変えずにグリップの長さ、振り幅で

距離を変える方法もあります。

 

振り幅は上の方法と同じです。

スタンスは、若干オープンスタンスにして、

10センチくらい足を開きます。

 

距離が短くなるにつれて、1センチづつ握りを

短くしていきます。

 

ショットの注意点としては、アドレスからインパクト、フォローまで

手首の角度を一定に維持することです。

 

手首の角度を維持したまま、身体の捻転を使って、

スイングしていきます。

身体の回転を使うことによって、

クラブが入る角度が一定になってきてきます。

バックスイングとフォロースルーの幅を一定に保ち、

左右対称にしていきます。

 

少し飛ばしたいときは、右ひざを飛球線方向に

入れてあげると良いです。