腰の向きと方向性


今回は、腰の向きと方向性について、紹介したいと思います。

狙った所にボールを飛ばしていくためには、正しいアドレスをとることが重要です。
アドレスが少しでもずれてしまうと、ボールは思った所に飛んでいってはくれません。

正しいアドレスをとるためには、他の方にアドレスをチェックしてもらうことが重要です。
アドレスのチェックポイントにはいろいろありますが、腰の向きは非常に重要です。

ゴルフでは、身体の捻転を使うことが非常に重要ですが、
アドレスの時に、腰の向きがずれてしまうと、腰の回転が狂ってしまい、
思ったようなスイングができなくなり、狙った方向とは違うところにボールが飛んでいってしまいます。

普段とはスイングの感覚が違うとかボールが思った所から微妙にずれる場合は、
腰の向きがずれている可能性があります。普段からアドレスのチェックが重要になってきます。

腰の向きは、常に飛球線と平行になることが基本です。平行にすると、
スイングがスムーズになってきます。

腰の向きが左方向になってしまうと、スイング軌道がアウトサイドインになってしまい、
カット軌道になります。そうすると手首で強引に調整しようとしてしまうので、
ミスショットになってしまいます。

腰の向きが右方向になってしまうと、スイング軌道がインサイドアウトになってしまい、
クラブが下から上に抜けてしまい、ダフリの原因になってしまいます。