腰を切るための練習ドリル


今回は、腰を切るための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

腰を切るための練習ドリルは、3つあります。
1つ目は、ペットボトルを使ったドリルです。最初にいつもの位置にボールをセットします。

クラブは持ちません。腰から上をまげて、前傾姿勢を作ります。前傾姿勢を作ったら、
ボールを中心に飛球線方向と反対の方向に、ボールから50センチくらい離れた場所に、
ペットボトルをセットします。

ペットボトルをセットしたら、バックスイングでは、左手をペットボトルに向かって、伸ばしてください。
ダウンスイングからフォロースルーにかけては、右手をペットボトルに伸ばして下さい。

股関節の前傾角度を崩したり、ひざを曲げないようにして下さい。
前傾角度を作るときは、股関節から上を曲げるようにして下さい。

曲げ方が不十分だと、効果的な練習にならないので、注意して下さい。
2つ目は、クラブを肩でかついで、通常のアドレスをとってください。

前傾角度を維持しながら、肩をバックスイングとダウンスイングで、縦に入れ替えるようにして下さい。
腰と肩の回転は、地面と水平になってしまうと、腰を切る感覚がわからないので、注意して下さい。

3つ目は、実際にドライバーをもって、ハーフスイングでボールを打ってみます。
ダウンスイングからフォロースルーにかけては、腰を切り上げる感じでスイングしてみて下さい。