腰を左に動かして一体化スイングをする方法


今回は、腰を左に動かして一体化スイングをする方法について、紹介したいと思います。

一体化スイングをするためには、下半身をロックしたまま、上体を捻転させていきます。
上体を十分に捻転させてトップを作ったら、次はダウンスイングです。

ダウンスイングを開始する際のきっかけとなる動きが重要になってきます。
せっかく上半身を捻転させても、ダウンスイングでいきなり手を下ろしてきてしまうと、
手打ちになってしまう危険性があります。

ダウンスイングのきっかけは、腰を飛球線方向に動かしていくことによって、
手と身体の一体化スイングができるようになってきます。

インパクト後からフォロースルーにかけては、左足に体重が乗った状態で、
左足を中心に腰を回転させていきます。

腰を飛球線方向に移動させる際、腰が移動しすぎてしまうと、
クラブが遅れて降りてきてしまうので、注意して下さい。

一体化スイングを完成させるためには、あと1つポイントがあります。
上体と下半身が同時に回転することはNGです。同時に回転してしまうと、
運動エネルギーがボールに伝わってくれないからです。

上半身は下半身の動きにつられてついていく感じです。
上半身に力が入ってしまうと、同時に動きやすくなってしまうので、
上体はリラックスしてスイングして下さい。